ニキビ跡の色素沈着を改善するには

ニキビ跡の色素沈着を改善するには

色素沈着になる原因とは

 

 

色素沈着のニキビ跡というのは、ニキビの炎症のあとにメラニン色素が肌の表皮に沈着し、シミのように見える状態のことをいいます。ニキビの炎症によるダメージを回復するため、表皮の細胞が活性化すると、表皮の一番下の基底層にあるメラノサイトも一緒に活性化します。

 

メラノサイトが活性化すると、メラニン色素の産生が促進されてしまい、色素沈着が起こります。色素沈着は、肌のターンオーバーのよって時間をかけて少しずつ薄くなりますが、メラニン色素が真皮まで達してしまうと自然に消えるということは難しいので、早めに治療されることをおすすめします。どのようにケアしていったら良いでしょうか?まずは、色素沈着を改善するため、ターンオーバーを促進させるケアが大切です。

 

色素沈着が起きている状態の肌に刺激を与えてしまうと、色素沈着が長引く原因になるため、毎日行なう肌のケアも、優しく洗顔すること、ゴシゴシこすらないことなどを意識してください。肌を紫外線から肌を守るため、日焼け止めを使ってケアしましょう。

 

治療法としては、肌のターンオーバーを整え、美白効果のあるピーリング治療などがあります。内服薬もあります。自分のニキビ跡が色素沈着タイプかどうかわからない方は、次の特徴をご覧ください。自分の症状を認識することで、色素沈着を悪化させないようにケアできます。

 

肌の元々の色素が色濃く沈着している状態である、沈着した色によって症状の重症度が異なっている、一見アザのように見える、赤みのあるニキビ跡よりも目立っている、ファンデーションや化粧では隠しれない、肌の内側にダメージを負っている状態である、このような点とご自分の症状を照らし合わせてチェックしてみてください。

 

次に、色素沈着タイプのニキビ跡で、さらに2つのタイプがあります。この点でも、ご自分の症状を知ることでより効果的な予防と対策がとれます。紫のニキビ跡は、赤みがかったニキビ跡のようです。

 

赤みがあるニキビ跡をそのまま放っておくと、肌が紫色へと変わってしまいます。原因はヘモグロビンです。なぜ紫色に変化するかというと、炎症を起こした肌の内側の血管がうっ血を起こし、血がにじんでしまう、つまり、内出血で紫色になっているからです。

 

茶色、黒色のニキビ跡の原因はメラニンです。紫色に色素沈着したニキビ跡がそのまま放置されてしまったり、紫外線による刺激、また、傷つくことによって茶色いニキビ跡に変わってしまいます。シミやアザと同じ老化現象のメカニズムといえます。

 

シミのように真皮層に色素が定着してしまうので、治療が難しく、時間もかかってしまうため、根気強く治療していくことが必要になります。

 

このような点を考えても、紫色のニキビ跡の段階で症状に気づき、早めに対応していくなら肌の状態を改善できる可能性が大きくなります。

 

効果的な予防法

 

 

色素沈着したニキビ跡をきれいにしたいなら、紫外線対策をするということがとても重要になってきます。紫外線対策をすることで、ニキビ跡が悪化することを防ぐことができます。もし、悪化してしまうと、消えるまで時間がかかってしまいますので、UVケアはしっかり行なっていきましょう。

 

悪化すればするほど治りにくくなってしまいます。紫外線対策をすることで外部からの刺激を避けることができます。他にも、正しいスキンケア、規則正しい生活習慣を送ることにより、肌のターンオーバーを促進させることができ、きれいな肌への近道になります。そのような肌に良い習慣を身につけましょう。

 

色素沈着しているニキビ跡を治す方法とは

 

もちろんあります!ピーリング化粧品とビタミンC誘導体化粧品を使うことです。ピーリング効果のある化粧品は、肌の内部に定着してしまった色素沈着のニキビ跡を排出することができるのでおすすめです。たとえば、薬用アシィドローションEXなどがあります。

 

この商品は、高濃度のサリチル酸が配合されているので、早くシミを消したい方に有効です。ビタミンC誘導体化粧品は、皮脂の分泌を抑制し、メラニンの生成を抑制する効果があるので、美白の肌を目指すことが期待できます。ぜひ、紫外線対策に使いましょう。他にも、肌の新陳代謝の促進、肌のコラーゲンの生成の促進など、多くの美肌効果があるとされています。

 

Cマックスローション、VC200、ビーグレン、ノブAC、アクレケアなどがあります。ビタミンC誘導体といっても、いくつか種類があり、肌への浸透力にも違いがあり、効果に差があります。ですから、配合濃度やどんな種類を使っているかよくチェックする必要があります。

 

配合濃度という観点で見ると、Cマックスローションの配合濃度が7%と高濃度で、なおかつ酸コスメで弱いピーリング作用もあるので、素早く治したい方におすすめの化粧水です。水溶性のビタミンC誘導体であるリン酸アスコルビルMgを7%配合した化粧水です。

 

さらに、ビタミンAであるレチノール酸誘導体も配合されていますので、シワ、たるみ、くすみ、シミなどの肌トラブルにも効果があるようです。

 

現在は、色々な治療法があり、選べるようになっています。正しい治療法を行なって、色素沈着になってしまった肌を改善していきましょう。

関連ページ

ニキビ跡に効く化粧水とは
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビやニキビ跡に効果的なものはなにがあるのでしょうか。
ニキビ跡のクレーター肌をきれいにするには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡のクレーター肌をきれいにするにはどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ跡を治したい時に使う薬
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡を治したい時に使う薬とはどのようなものがあるのでしょうか
ニキビ跡を薄くするには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡を薄くするにはどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ肌に良い化粧水について
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ肌に良い化粧水はどのようなものがあるのでしょうか