ニキビ跡を治したい時に使う薬

ニキビ跡を治したい時に使う薬

市販薬でも効果はあるの?

 

 

気になるニキビ跡、何とか治したいと思うものです。病院に行こうか、市販されている薬で治るのか、疑問をお持ちかもしれません。ひどくなってしまったニキビ跡は、専門医による治療が好ましいですが、赤みがかったニキビ跡や、色素が沈着したニキビ跡なら比較的軽度のニキビ跡なので、市販薬などでもきれいにな肌になることが期待されています。

 

でも、ニキビ跡でお悩みの方は、これ以上悪化させたくないと思いますので、正確な情報を必要としていると思います。では、これから、多くの方に効果があった薬についての情報をご紹介していきます。まず、市販薬からご紹介します。すぐに手に入る薬なら、手軽にいつでも購入することができますね。

 

市販薬の抗生物質や、抗炎症剤、ビタミン剤などを服用することで、ある程度治療の効果があります。他にも、飲み薬で効果があることで有名のは、エスエス製薬の「ハイチオールB」や、エーザイの「チョコラBB」です。塗り薬は、LIONの「ペアアクネクリーム」や、ロート製薬の「アクネージア メディカルクリーム」などが有名です。

 

市販薬を用いることのメリットは、スキンケア商品よりも治療薬の方が効果を早く実感できること、薬局などですぐに購入でくること、比較的安価で求めやすいことがあります。

 

病院で処方される薬について

 

自分の肌の状態がよくわからないまま、市販薬を選ぶことに抵抗がある方は、病院で診察を受け、医師から処方された薬を使う方が安心で良いと思います。病院では、どのような薬を処方されるのでしょうか。病院で処方される薬には、内服薬と外用薬があります。

 

抗生物質(内服薬・外用薬)、抗炎症剤(内服薬・外用薬)、局所用抗ニキビ製剤(外用薬)、美白剤(ハイドロキノン)(外用薬)、ビタミン剤(内服薬)などです。それぞれの薬について説明します。

 

抗生物質は、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えたり、菌自体を殺菌してくれる薬です。ニキビが再発しやすい症状の方に、患部が悪化しないよう処方されます。

 

抗炎症剤は、患部であるニキビ跡の腫れ和らげるため、肌の奥に残ってしまった炎症を抑える役割を持った薬です。内服薬はブルフェン、外用薬はスタデルクリームなどが有名です。

 

局所用抗ニキビ製剤は、毛穴の角質を除去する作用があり、肌のターンオーバーを正常化させてくれます。役割としては、ピーリングに似ています。ニキビの患部に直接塗ります。
 
美白剤(ハイドロキノン)は、ニキビ跡の原因になるメラニン色素を抑制する働きがあります。治療用の化粧水やクリームタイプの薬です。ニキビ跡を薄くしていくことが期待されます。

 

ビタミン剤は、皮膚のダメージ回復を早めてくれます。ビタミンは肌の健康のために必要なものです。特に、ビタミンB6やビタミンCなどが処方されます。

 

病院に行くメリットは、専門の医師に相談できること、保険が適用されること(一部を除く)です。

 

 

 

 

漢方薬について

 

漢方薬でニキビやニキビ跡は治療できるのでしょうか?実は、多くの皮膚科で漢方薬が処方されていて、漢方薬によるニキビ跡の治療への期待が高まっています。どのような漢方薬が美肌を取り戻すために効果があるのかについてご紹介します。

 

代表的な漢方薬は、清上防風湯です。清上防風湯は、ニキビの炎症を緩和する作用があります。腫れたニキビがでている場合に、症状を抑えることができます。排膿を手助けしたり、新鮮な肌の再生を促進させる効果もあり、ニキビ跡の改善につながっていきます。

 

桂枝茯苓丸は、血液の流れを良くする効果があるので、血液の流れが悪くニキビができるタイプの方に効果があります。老廃物の流れを良くする目的や、ホルモンバランスを整える目的で処方されることがあります。しみや手足のあれにも効果があります。

 

荊芥連翹湯は、天然由来の成分である17種類の生薬が配合されています。解毒や殺菌、消炎作用を持つ生薬を組み合わせることによって、総合的にニキビを改善させるという作用があります。解毒作用や殺菌作用でニキビ菌の増殖を抑え、消炎作用でニキビの熱や炎症を鎮めていってくれます。炎症を抑え、肌にうるおいをもたせる効果もあります。

 

当帰芍薬散は、血行を良くし、体を温めることによって貧血を改善したり、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果があります。ニキビができる原因となるホルモンバランスの乱れを安定させ、肌のトラブルを改善させることができます。

 

このように、ニキビやニキビ跡を治すために漢方薬はさまざまな効果があることがわかりました。漢方薬は、副作用の危険性も低いことから毎日安心して服用することができます。ニキビやニキビ跡に良い効果のある漢方薬ですが、漢方薬だけで症状が完全に治ること可能性は低いので、補助的な治療法として取り入れてみるようになさってください。

 

 

よく言われることですが、ニキビ跡を治すためには、バランスの良い食事をするなど体の内側からケアすることや、生活習慣を見直して健康的に生活することも大事です。自分には薬があるから大丈夫!と、薬に頼りきるのではなく、ニキビを作らせない習慣を身に着けましょう。

関連ページ

ニキビ跡に効く化粧水とは
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビやニキビ跡に効果的なものはなにがあるのでしょうか。
ニキビ跡のクレーター肌をきれいにするには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡のクレーター肌をきれいにするにはどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ跡の色素沈着を改善するには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡の色素沈着を改善するにはどのようにすればいいのでしょうか
ニキビ跡を薄くするには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡を薄くするにはどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ肌に良い化粧水について
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ肌に良い化粧水はどのようなものがあるのでしょうか