ニキビ跡は治療できる

ニキビ跡は治療できる

ニキビ跡あきらめないで治療しよう

 

 

ニキビは、気がつくといつの間にかできていますよね。「あ!またこんなところに・・・」と、悩みの種になってしまいます。ニキビやニキビ跡はきれいに治るのでしょうか?どんな治療法を取り入れたら良いのでしょうか?まず、ニキビができてしまう原因についてご説明します。

 

睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、便秘など腸内環境の悪化、紫外線によるダメージ、間違ったスキンケアなどの要因があるようです。人によって肌の状態や体調には違いがありますから、原因を特定することはできませんし、すべてが当てはまるわけではありませんが、これらの要因が重なり合うことで肌に負担がかかり、ニキビができてしまうと考えられています。ニキビができる時、肌はどんな状態なのでしょうか。

 

思春期にできるニキビは、男性ホルモンの働きが活発になることにより、毛穴の奥の皮脂腺から大量の皮脂が分泌されます。ストレスによってホルモンバランスが崩れることでも皮脂の分泌が盛んになります。皮脂が大量に分泌されると、角層をうまく排出できず、毛穴を詰まらせてしまいます。毛穴に皮脂が詰まり、目に見えるくらい大きくなった状態が白ニキビ、黒ニキビといわれるものです。

 

毛穴が詰まると毛穴の中でアクネ菌が増殖します。その結果、炎症が起き、赤く目立ったニキビとなります。ニキビは、気づいた時にはすでにできているように感じますが、実は、肌にポツンと現れる前にできています。微小面ぽうと呼ばれるもので、まだ目に見えないくらい小さい状態です。炎症が起きる前の皮脂が毛穴に詰まりはじめた状態です。

 

その状態を放っておくと、白ニキビ、黒ニキビ、炎症性の赤ニキビへと進行していってしまいます。進行してしまう前に、できるだけ早く治すように対処しましょう。どんなケアができるでしょうか。

 

汗をかいたら優しく洗顔しましょう。そして、しっかりと保湿し、肌を清潔に保つように心がけましょう。気になるとしても、ニキビにはなるべく触らないようにしましょう。刺激を与えてしまうと、炎症がひどくなってしまいます。適切なスキンケアを行なうことも大切です。

 

皮脂の過剰な分泌によってニキビができるので、油分の多い化粧品を使うことは避けたいと思うかもしれませんが、逆に、まったく油分がない化粧品を使うと乾燥を招き、皮脂の分泌が盛んになってしまうという結果になるからです。ニキビができている時に乾燥というのは大敵ですから、保湿ができる化粧品を選んで、ケアしましょう。

 

また、規則正しい生活を食事を心がけることも大切です。肌のターンオーバーが崩れると、毛穴が詰まる原因になります。健康な肌を保つため、規則正しい生活を送り、睡眠をしっかりとり、ビタミン豊富な野菜などを食べ、便秘を避けるよう気を付けましょう。できてしまったニキビは正しく治療していくことが大切です。

 

次に、ニキビの症状別に行なう治療法についてご説明します。

 

ニキビ、ニキビ跡の症状別治療法

 

 

ニキビやニキビ跡というのは同じではありません。段階があります。初期段階なのは、白ニキビと黒ニキビです。白ニキビは、毛穴に角質が詰まっている状態で、黒ニキビは、白ニキビより進行し、毛穴の入り口が酸化して黒く変色している状態です。

 

さらに進行すると炎症性の赤ニキビになります。白ニキビや黒ニキビにアクネ桿菌が増殖し、炎症を起こした状態です。さらに悪化して最終段階になると膿疱性の黄ニキビになります。赤ニキビが悪化し、毛穴に膿が溜まって腫れあがった状態です。

 

ニキビ跡は、赤みのあるニキビ跡、デコボコのニキビ跡、色素沈着のニキビ跡などがあります。赤みのあるニキビ跡は、ニキビの炎症が落ち着いたあとの赤みが残っている状態のことです。肌の内部で起こっている炎症を落ち着かせるため、ターンオーバーを促進させるケアが必要です。

 

治療法は、肌のターンオーバーを整え、美白効果のあるピーリング治療、有効な成分を肌に浸透させるイオン導入、赤みに反応するギャラクシーフォトRFアドバンスなどがあります。炎症を早めにおさえるための内服薬もあります。

 

デコボコのニキビ跡は、ニキビ跡のアクネスカーと呼ばれる皮膚のへこみのことで、ニキビの炎症や化膿が重度な状況です。肌の再生を促すCO2フラクショナルレーザーや、効果の高いイントラセルという治療があります。

 

色素沈着のニキビ跡は、ニキビの炎症のあとに、メラニン色素が沈着し、シミのように見える状態のことです。色素沈着を改善するため、ターンオーバーを促進するケアが大切になってきます。色素沈着が起きている状態の肌に刺激を与えてしまうと、色素沈着を長引かせてしまいますので肌の毎日のケアも優しく洗顔し、ゴシゴシこすらないように気を付けましょう。

 

また、紫外線から守るために日焼け止めを塗りましょう。肌のターンオーバーを整え、美白効果のあるピーリング治療、有効な成分を肌に浸透させるイオン導入、ギャラクシーフォトRFアドバンスなどの治療があります。内服薬やハイドロキノンの処方もあります。

 

 

ご紹介した情報はほんの一部です。今は、ニキビやニキビ跡の治療として、色々な方法があります。ドラッグストアでケア用品を購入することもできますし、病院の皮膚科を受診することや、エステサロンに通うこともできます。多くの選択肢の中から、ご自身に一番合うと思われる治療法をお選びいただけます。

関連ページ

ニキビ跡の治し方について
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡の治し方はどのような方法なのでしょうか
ニキビ跡の治療は皮膚科へ
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡の治療はどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ跡をきれいに消すには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡をきれいに消すにはどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ跡を徹底的に治す
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡を徹底的に治すにはどのようにしたらいいのでしょうか
赤みのあるニキビ跡を治すには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。赤みのあるニキビ跡を治すにはどのようにしたらいいのでしょうか