ニキビ跡の治し方について

ニキビ跡の治し方について.txt

ニキビ跡をきれいにするには

 

 

日頃からきちんと肌をケアしているのに、ニキビが次々にできてしまうとがっかりしますね。ニキビができないようにケアすることも大切ですが、いざできてしまったニキビ跡を早急に治すことも大切です。なぜなら、ニキビや初期のニキビ跡をそのまま放っておくと、もっとひどいニキビ跡になってしまうからです。どんな治し方があるのでしょうか?

 

まず、自分でドラッグストアに行って症状に合う市販薬を購入することができます。また、スキンケアを見直してみること、さらに、皮膚科を受診して専門医から診てもらい、適切な処置をしてもらうことなどができます。これから、ニキビ跡の治療に効果のある薬についてご紹介していきます。皆さんのニキビ跡ケアの参考にしていただければと思います。

 

ドラッグストアで手に入る薬について

 

ニキビやニキビ跡ができてしまったら、さらに悪化させることを防ぎ、肌のターンオーバーを促進し、予防していくことが重要になってきます。せっかくニキビ跡に効果がある薬を試しても、普段から行なっているスキンケアが間違っているなら肌荒れを繰り返したり、さらに悪化させてしまうかもしれません。

 

そうならないために、正しい洗顔をするようにしましょう。洗顔の際、強く洗い過ぎていませんか?また、自分の肌に合っていない石鹸を使っていませんか?そこでおすすめなのが薬用洗顔石鹸ノンエーという商品です。

 

ノンエーは、弾力性のある泡で洗顔しますので、肌を強くこすったり、力を入れて洗顔する必要がないので肌を傷つけることなく洗顔することができます。また、天然のうるおい成分も配合されているので、洗顔後の肌がつっぱるということもないですし、乾燥も防いでくれます。ニキビやニキビ跡の予防や悪化防止におすすめの商品です。

 

肌のターンオーバーを促進するためには、皮膚の修復力を高める必要があります。そのため、ビタミンCの摂取がとても効果的です。直接肌にビタミンCをとりいれる点で優れている化粧水は、リプロスキンです。

 

リプロスキンは、肌の修復力を高めるのに必要なビタミンCを効果的にとりいれることができます。さらに、ブースター化粧水としての役割も果たしてくれます。ブースターとは、導入液のことです。

 

肌荒れして、硬くなった肌を柔らかくしてくれるという効果もあります。肌のターンオーバーを高めてくれる優れものです。

 

硫黄成分が効く?

 

 

皮膚科に行くと、ニキビやニキビ跡が早く良くなる薬を処方してくれますので、効率良く治していくことができます。皮膚科で処方される外用薬の中に、「イオウカンフルローション」というものがあります。

 

硫黄とカンフルという成分を含んでいるローションです。イオウの匂いが強いという特徴がある塗り薬です。どのような効果があるのでしょうか?

 

硫黄には、角質を溶解させる作用があり、毛穴を塞いでしまう原因の皮脂の詰まりと角栓化を抑えて角質をなめらかにし、毛穴に溜まっている皮脂や細菌の排出を促してくれる作用があります。

 

カンフルは、クスノキなどから抽出される成分です。消炎、鎮痛作用があります。清涼感を与える作用があり、湿布剤などによく用いられているようです。

 

症状の軽いものから、炎症の強いものまで効果のあるローションです。イオウカンフルローションには、沈殿物がありますが、硫黄の粉末です。肌に塗ると硫黄の粉末が白く残ります。ですから、朝は上澄み液だけを塗り、夜は混ぜたものを塗るようにします。

 

どのように使うかというと、洗顔をして肌を清潔にし、化粧水などで肌を整え、朝は上澄み液だけを綿棒などにつけてニキビに塗り、夜は混ぜたものを塗ります。その後、乳液などでしっかり保湿します。

 

注意点は、目の周りの皮膚の薄い部分は医師の指示がない限り避けて塗るようにされてください。また、硫黄には強い脱脂作用がありますので、乾燥肌の方は先に化粧水と乳液を塗ってからイオウカンフルローションを使用した方が刺激が少なくなるのでおすすめです。

 

食事でニキビ跡をきれいに

 

効率良くニキビ跡を治したいなら、毎日の食事を見直すことも効果があります。いつもの食事にほんの少し手を加えてみませんか?ビタミンA・C・Eは、ビタミンエースと呼ばれ、きれいな肌を作るのに大切な栄養素です。

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜のうるおいを高め、肌の生まれ変わりを促してくれます。

レバー、あんきも、ニンジン、ホウレン草、春菊、味付け海苔などに多く含まれています。

 

ビタミンCは、肌の抗酸化作用と保湿作用が高く、ニキビ跡を治すのに効果があります。

アセロラ、赤ピーマン、ブロッコリー、レモン、イチゴ、ゴーヤに多く含まれています。

 

ビタミンEは、血管を広げる効果と、血流を促進させる効果があり、肌の新陳代謝を高めてくれます。

大豆、ピーナッツ、パセリ、モロヘイヤ、かぼちゃなどに多く含まれています。

 

さらに、旬のものを食べることもおすすめです。旬の食べ物は、体温を高め、肌の新陳代謝をスムーズにしてくれます。また、水分もたくさん摂るようにしましょう。タンパク質はハリのある肌、ツヤのある肌を作るのに欠かせない成分です。他にも、肉類、豆類、赤身の魚も積極的に摂り入れましょう。

 

 

ニキビやニキビ跡を治していくために、効果がある石鹸や化粧水やローションをご紹介しました。

 

効果があるように思えても、自分の肌に合うかどうかという点がとても大事ですので、ご自身の症状や肌のタイプを考慮された上で、一番良いと思えるものをお選びください。

 

また、きれいな肌を作るのに欠かせない栄養素を意識して摂るようにしましょう。

 

関連ページ

ニキビ跡の治療は皮膚科へ
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡の治療はどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ跡は治療できる
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡は治療できるのでしょうか
ニキビ跡をきれいに消すには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡をきれいに消すにはどのようにしたらいいのでしょうか
ニキビ跡を徹底的に治す
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。ニキビ跡を徹底的に治すにはどのようにしたらいいのでしょうか
赤みのあるニキビ跡を治すには
お肌のトラブルで一番に思いつくのはニキビやニキビ跡ではないでしょうか?思春期の若い人はニキビやニキビ跡のせいで自分の顔に自信が持てなくなってしまいます。赤みのあるニキビ跡を治すにはどのようにしたらいいのでしょうか